鳩の糞は放置せずに速やかに片付けて健康被害を最小限に抑える

早めに鳩対策をする~糞には多くの病原菌が含まれている~

建物や健康に悪影響を及ぼす糞害~鳩対策で被害を抑える~

鳩がベランダや出窓に住み着くと、糞害に遭う可能性が高くなります。鳩を自宅周辺で良く見かけるようになったら、鳩対策や業者利用が必要となってくるでしょう。ここでは糞によってどのような被害を受けるのかを紹介していきます。

さまざまな糞害

アレルギーや病気を引き起こす
鳩がする糞には様々な問題があります。その中にはアレルギーを引き起こす原因となるものもあるので注意したいとこころです。アレルギーによって喘息を引き起こすと体に大きな負担がかかります。体力の少ない高齢者や子供が喘息にならないように気をつけましょう。
美観が損なわれる
鳩の糞は見た目が悪く、そして臭いです。自宅に鳩の糞があれば非常に目立ちます。自宅の美観が損なわれますし、臭いも発生するためとても不快な気分になることでしょう。また、食品を扱う企業などはイメージも大切です。それなのに、鳩の糞でビルの周りが汚れているとイメージも悪くなり、衛生面でも問題となります。
害虫が発生する
ゴキブリなどの害虫は、鳩の糞も餌としています。ですから鳩の糞をそのままにして放置するということは、ゴキブリなどの害虫を呼び寄せているのと同じことなのです。人間からするとこの一連の流れは、不愉快でしかありません。

糞害によって引き起こされる病気


どんな病気にかかるのですか?
クリプトコッカス症という病気にかかります。カビの一種であるクリプトコッカス菌を吸引することによって、この病気にかかります。鳩の糞には、このクリプトコッカス菌が含まれているので気をつけましょう。子供がうっかり鳩の糞に触ってしまうことも十分に考えられます。ですから、糞を見つけ次第すぐに処分するようにしましょう。他にも鳥インフルエンザにもかかることがあります。鳥インフルエンザは人に感染することが少ない病気ですが、稀に感染することもあるので注意しましょう。

鳩の糞には多くの病原菌が含まれています。子供が糞であることをよく理解しておらず、興味本位で触ってしまうこともあるので注意しましょう。また鳩を捕まえるときも、健康的に被害を受ける可能性が高くなるので注意が必要です。自宅周辺に鳩がいるのであれば、忌避剤を使用した鳩対策や糞の掃除などを怠ってはいけません。

鳩対策は専門のプロに依頼する

鳩

鳩対策を自力で行なっても、長い期間効果を持続させることは難しいでしょう。また鳩対策をする時は気をつけなければいけないポイントもあります。ここでは鳩対策時の注意すべきことについて説明していきます。

鳩対策時の注意点

鳩対策を行なう際に、気をつけなければいけないことがあります。それは鳥獣保護法です。鳩は鳥獣保護法という法律によって守られています。ですから、鳩に危害を加えるようなことをしてはいけません。もし危害を加えると、法律で罰せられることになる可能性があります。鳩対策で困ってしまった場合は、業者に任せましょう。信頼できる業者に任せれば、法律の心配もしなくて済みます。

プロに任せて糞害をなくす

専門のプロに任せることをおすすめします(駆除業者)

鳩対策を素人が行なうのは難しいです。鳩が既にベランダ巣を作り、住みついてしまった場合は、我々鳩対策業者に任せてください。ベランダに巣を作ったのであれば、鳩はびっくりする程しつこくその場所にこだわります。また糞をする量も増えるので問題が深刻になってきます。鳩による問題は、我々鳩対策業者が完璧に解決してみせます。

TOPボタン